【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

Python初心者がまず定めるべき目標設定とは?

公開日:2021/04/01


Pythonは汎用性の広いプログラミング言語のひとつです。AI技術に応用されたり、ビッグデータなどにも活用されたりするなど、Webのシステム構築にも利用されることがあります。Pythonは最も注目されている言語で、副業や転職、新たなスキル獲得としても期待されているようです。そこで、初心者が学ぶ時の目標設定を勉強方法とともに解説していきます。

Python初心者がまず定めるべき目標設定

何事も物事を達成するためには、自分の中でゴール、目標を設定することが必要です。それではどうしたらPythonを習得したといえるのでしょうか。まず、習得という言葉を明確に理解できているのか、考えてみましょう。「こういうことができるようになったら習得といってよい」と、曖昧な定義づけをしている人が多いのではないでしょうか。

ゴール設定をする上では大切な概念になっているので、覚えておきましょう。この記事では、習得を「この学習した内容で応用が効くこと」と定義づけます。ここでは、バットの素振りを例に挙げてみましょう。バットの素振りといえばイチロー選手が有名ですが、バットを最初から上手く振れたとは思いません。最初にどのようにバットを振るのか教わってから素振りをはじめます。

そしてその素振りの練習によって、意識せずとも、芯に当てることができるようになるのです。すると、ヒットだけではなく、意図した方向にボールを持っていったり、ホームランを打てたりします。イチロー選手の場合はそこからプロとして認められ、メジャーリーグでも活躍するようになりました。これを、習得するということといえるのではないでしょうか。

これをPythonに置き換えると、イチロー選手がバットの素振りなどの練習をすることによってヒットだけではなくホームランを打てるようになるというように、Webサイトからデータを取得するスクレイピングができるようになったり、DjangoやFlaskでのアプリ作成もできたりするようになることを、習得と定義します。これはあくまでも、ここだけの習得、ゴール設定なので、これからPythonを学習するあなたが、「こういうゴール設定を自分がした!」と決めるのであれば、それに従ってもらって問題ありません。それでは、この習得をする上では、どんな目標を達成すればよいのでしょうか。

それは、Pythonの基礎文法を理解することです。これを細分化すると、変数、条件分岐、繰り返し処理、関数、クラスの5通りになります。これをくまなく理解できれば、簡易的なツールの作成、アプリの作成などはスムーズに行える準備が整っているといえるでしょう。また、アプリの作成やツールの作成には、さまざまなライブラリやフレームワークを使用することになりますが、この基本文法をおさえておけばよさそうです。

Pythonの勉強方法は?

ここまでで、目標の設定ができたと思います。それでは1つずつ、基礎文法を学習していきましょう。ここでは、どうやったら効率よくPythonの基礎文法を学べるのか、勉強できるのかについて解説していきます。

まずは、書籍を購入して勉強することです。ノートパソコンとインターネット環境が揃えば、あとは勉強するだけなので環境づくりで困ることは少ないでしょう。しかし、独学でプログラミングを習得しようとすると、挫折してしまう人が多い傾向にあります。その上で本格的に学びたいのであれば、プログラミングスクールに通うことをおすすめしましょう。

プログラミングスクールに通えば一緒に勉強し合う仲間もでき、メンターが指導やサポートをしてくれます。挫折しやすいポイントなどを把握した上で教えてくれるので、習得も早くなるのではないでしょうか。

Pythonを学んでいく上での注意点

まず、Pythonを学ぶ上で注意点としておさえておいてほしいのは、いきなり本を買わないことです。書店などに行くと、Pythonの書籍がたくさん発売されています。初心者は張り切ってこのような本を買いがちですが、極力避けるようにしてください。なぜかというと、野球を経験したことがない子どもに、いきなりバッターボックスに立たせるようなことだからです。

野球を知らない、やったことがないこどもは、これから何をすればいいのか、まったくわからない状態だといえます。そのような状態でバットを渡して、すぐにバットの振り方やルールを説明しても、「わからない」の一点張りですよね。

そのためまずは作業する、つまりコードを書く作業になれていくとよいでしょう。そこから徐々に学ぶ姿勢を作っていってください。最初はわからなくてもよいのです。検索方法すらわからない問題が出てくることもあるでしょう。ひとつひとつ作業に慣れていくことによって、Pythonを習得できるかもしれません。こういった積み重ねることが苦手な人もいると思いますから、そういう方はプログラミングスクールへ通われるのをおすすめします。

 

Pythonを含め、プログラミング言語は学習を続けていけば習得できるものです。そのため、学習を続けられる工夫をしていかないと、諦めてしまう傾向にあります。途中から徐々に学習が楽しくなってくるポイントというのがありますが、それまでは辛い作業が続くかもしれません。それでも学びたい方は、独学、もしくはプログラミングスクールに通ってみて、習得してみてください。

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事