【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

【初心者向け】Pythonを勉強するメリットや学習法を解説!

公開日:2021/03/15


Pythonは近年注目されているプログラミング言語として、耳にしたことがある人もいるでしょう。Pythonはどのような言語で、どのようなことができるのでしょうか?Pythonを学習する流れと、将来的な需要がわかればよりスムーズに勉強できます。今回の記事では、初心者向けにPython勉強するメリットや学習方法を解説しましょう。Pythonに興味のある人は参考にしてください。

Pythonの需要

Pythonは2021年時点で、世界で最も人気の高いプログラミング言語となっており、日本国内でも需要は高まっているようです。これからプログラミングを学び始める人には、とくに学習をおすすめできる言語でしょう。

Pythonの市場価値

海外のプログラマーを対象に「世界で最も急速に成長している言語」として、Pythonが選ばれているようです。また、「世界で最も学びたい言語」としても選ばれており、今後さらに需要は高まるといわれています。
また、多くのSNSやデバイスを出しているGAFAと呼ばれる企業、シリコンバレーを本拠地にしているユニコーン企業もPythonをシステムに導入しているようです。日本の市場でも発展が期待されており、Pythonのエンジニア求人の割合は年々伸びています。他にも、Pythonをメイン言語として開発を採用する会社やサービスが増えている傾向もあります。さらに人気が高まることは間違いありません。

Pythonの言語の特徴

Pythonは産業界からも注目されており、機械学習とデータサイエンス分野の相性がよいようです。Pythonは機械学習に強く、シンプルで可読性の高い言語であるといえます。機械学習エンジニアはアルゴリズムの構築やデータセットの前処理など、コーディング以外の業務もこなす必要があるでしょう。
そこで、シンプルな文法で記述可能なPythonは、ワークスタイルに適した言語といえます。さらに、機械学習に強いライブラリーとフレームワークという機能が備わっていることがメリットでしょう。ライブラリーとフレームワークは、Pythonを勉強し始めれば比較的容易に習得できます。
データサイエンス分野での需要も確認しましょう。データを基準とし、情報科学や統計などのアプローチから、有益な知見を科学するのがデータサイエンスです。わかりやすくいうと、ビジネスをITでより成長させるための学問でしょう。データサイエンスを利用するために使われているのは、Pythonのフレームワークです。機械学習とデータサイエンスの両方に活かせることが需要と相まって、爆発的な成長を見せています。

Pythonを勉強するメリット

Pythonを勉強するメリットは、将来性があるということです。Pythonエンジニアの年収帯は400~850万円といわれており、他のエンジニアよりも少し高い結果になっています。しかも、これから需要は高まるといわれているため、勉強したほうが有利になるでしょう。さらに、転職を考えている人にもおすすめです。

スキルを身につけてしまえば、エンジニアは比較的転職しやすいといわれています。Pythonの技術を持っていたほうが、転職に有利に働くでしょう。また、AIやビッグデータにも応用できるPythonは、必要不可欠なプログラミング言語になっていくでしょう。

Pythonの学習方法は?

ここまで、Pythonの優位性を解説してきましたが、どのように学習すればよいのでしょうか。Pythonは比較的学びやすい言語です。たとえば、C++は複雑で覚えることが圧倒的に多いでしょう。対してPythonはコードがシンプルで書きやすく、ほかのエンジニアにとっても読みやすいのです。

さらに、ライブラリーという機能は、ほかのエンジニアが組み立てた既存のプログラムをそのまま使えるという機能になっています。読みやすく、書きやすい、難しいプログラムを組む必要もないため、学びやすいといえるでしょう。

ここで、Pythonの学習方法について解説します。現在はさまざまなサイトなどに、Pythonを身につけるための教材が無料で提供されているようです。しかし、基礎的なことが踏襲されていない、書籍の場合は分厚すぎてやる気を出せなくなる可能性もあります。挫折した経験がある人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、プログラミングスクールです。プログラミングスクールに通うことで、着実にPythonを学習でき、初心者が挫折しにくいことがメリットとなります。プログラミングスクールではほかの受講者がモチベーションを保ってくれ、一緒に学習していく仲間を作れるからです。

また、オンラインでのプログラミングスクールを利用するという手段もあります。プログラミングは挫折しやすい分野で、継続して学習することが大切です。学習時間は1日3~4時間学習するとして、3ヶ月がPythonを習得する目安だといわれています。JavaやC++なら、さらに時間がかかるでしょう。たった3ヶ月で習得できる見込みがあり、転職に有利で、需要も見込めるPythonを学ばない手はないのではないでしょうか。

 

今回はPythonについて、需要はあるのか、メリットは何なのか、学習方法は何なのかを解説しました。Pythonを学んで実際に処理を実行してみると、期待通り動いたという感動を味わえます。今後のPython学習に役立ててください。

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事