【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

機械学習で必要な言語の習得期間

公開日:2021/05/01

コンピューターは、人間の頭では処理できない莫大なデータを処理してパターンを見つけ出し、物事の判別や今後の予測を行うことが可能です。このような機械学習をさせるためには、もちろんプログラムを組む必要があります。今回の記事では、機械学習で必要なプログラミング言語の種類と習得期間、言語を学ぶ際の注意点について解説しましょう。

機械学習に使われる言語

まず、機械学習とは何かご存じでしょうか。「コンピューターに大量のデータの中からパターンやルールを見つけさせ、それらをさまざまな物事に利用することで判別や予測する技術」のことを機械学習といいます。たとえば、企業のある商品がいつどこで、どのような人に購入されたかという莫大なデータから規則性を見つけ、今後の売り上げを予測することなどが機械学習の例です。今回は数あるプログラミング言語の中から、機械学習の際に使われる言語である「Python」「R」「Julia」「JavaScript」「C++」について紹介しましょう。

まずは、「Python」です。Pythonは機械学習分野でとてもよく使われる、メジャーな言語といえるでしょう。PythonにはAI開発のためのライブラリが用意されているなど、機械学習の際に非常に便利に利用できます。データサイエンティストの採用条件として「Pythonが使えること」となっていることもあり、機械学習において非常に価値の高い言語です。

続いて「R」です。R言語は統計解析の分野に特化した言語であり、Pythonのような汎用性はありません。しかし、統計解析のためのパッケージが多く用意されており、機械学習の際に力を発揮する優れた言語です。実際に、大学や研究者がデータ解析を行うために使用することが多いため、日本語の記事が充実しており学習教材には困らないでしょう。

続いて「Julia」は、技術計算用の言語です。JuliaはPythonやRよりも後にリリースされた言語であるため、さまざまな言語のよさを含んでおり、非常にシンプルで使いやすく初心者から人気があります。また、PythonやRのライブラリからもJuliaを使用できるため、PythonやRを習得済みの方は、比較的容易にJuliaを習得できるでしょう。

続いて「JavaScript」です。JavaScriptはWebサイト、Webアプリ開発に使用されることが多い言語ですが、機械学習においても活用されています。JavaScriptはこれまでにとても多くのエンジニアが習得してきたメジャーな言語であり、それらの技術を活かしてAIの開発を行うことも可能です。

最後に「C++」は、C言語の拡張版として1983年にリリースされた古くからある言語として知られています。実際にiOSやAndroidアプリそのほかゲーム開発など、機械学習以外の分野でも多くの採用実績がある人気の言語です。C++は少し習得に時間がかかるかもしれませんが、マスターできればPythonでは不可能な高速処理を行えるなど、魅力のある言語だといえるでしょう。

機械学習に使われる言語の習得期間

それらの言語を習得するには、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。学習環境や前提知識によって個人差はありますが、実践的なスキルを身につけるまでに3か月~半年ほど必要だといわれています。未経験の人はさらに時間がかかるかもしれません。そのため、1~2か月勉強を続けて結果が出なくても、焦らず根気強く勉強を続けていくことが重要です。

また、週に数回しか勉強時間が取れなかったりすると効率よく着実に上達することが難しいので、日常的に勉強を継続するなど、自分に合った学習スタイルを見つけることも、言語の習得のために非常に重要なことではないでしょうか。

プログラミング言語を学ぶ際の注意点

最後に、プログラミング言語を学ぶ際の注意点を3つ紹介します。

まず、ひとつめに「やみくもにプログラミングを始めようとしない」ことです。プログラミング言語は数多くの種類がありますが、それぞれの言語には異なる得意分野があります。そのため、機械学習に向いた言語を事前に確認する必要があるでしょう。さらに、自分のレベルに適したプログラミング言語を学習するなどの工夫が必要です。

2つめに「参考書はやさしい内容のものからレベルを上げていく」ようにしましょう。AI開発のプログラムは非常に複雑であり、素人がすぐに組めるものではありません。習得前の挫折防止のためにも、初心者用のやさしめの参考書を利用し、徐々に自分のレベルに合わせて難しいものに挑戦するべきでしょう。

最後に「AIを使って何がしたいのかを明らかにする」ことです。近年注目を集めているAIや機械学習ですが、自分が開発技術を何のために身につけて最終的にどうしたいのかを、事前に考えることが非常に大切です。プログラミング言語を習得することは「目的」ではなく、その先にある開発などの目的のための「手段」でしかないことを理解してプログラミング学習に取り組みましょう。

 

今回は機械学習で必要な言語の種類と習得期間、習得の際の注意点について解説しました。機械学習を用いたAI開発は、現在非常に注目を集めている分野です。必要なプログラミング言語をマスターすることで、ニーズの高い人材に成長できることでしょう。先ほどの注意点に気をつけながら、機械学習のためのプログラミング言語を学習してみてはいかがですか?

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索