【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

WEB系の仕事で必要な言語の習得期間

公開日:2021/04/15


インターネット上のWebページは、プログラミングによって作成されています。Webサイト作成などの知識を習得することで、Webサイト作成の仕事をできるかもしれません。では、Web系のプロミラミングをマスターするには、どのくらいの期間を要するのでしょうか。今回はWeb系のプログラミング言語の種類とその習得期間、習得方法について解説していきます。

WEB系の仕事で必要な言語の種類

プログラミングといってもさまざまなプログラミング言語が存在し、それぞれに適した分野があります。Web系の仕事に就くためには、「とりあえずプログラミングを勉強する」ではなく、Web系の仕事で必要となるプログラミング言語に絞って知識を深めなくてはいけません。ここではWeb系の仕事で必要となる言語を5つ紹介します。

Java

まずひとつめは「Java」です。Javaによってプログラムされたものは世の中に大量に存在し、Androidアプリ開発に使われるなどニーズの高い言語です。Javaについての参考書やネット記事も豊富にあり、比較的勉強しやすいのも特徴でしょう。
一方、コードを省略することが難しく、コードが長くなりがちなことや、実行の速度がほかの言語に比べ少々遅いことがデメリットといえます。

PHP

2つめは「PHP」です。PHPもWeb系に特化した言語のひとつで、デフォルトで備わっている標準関数が豊富であり、初心者も習得しやすいことが特徴です。
一方、PHPはコードがあやふやであっても実行できてしまうため、問題箇所の特定が難しくなります。また、Web系専門の言語のため、Web系以外のことについては利用できません。

Ruby

3つめに「Ruby」です。Rubyは日本で生まれた、Web開発の効率に優れた言語です。基本的にコード量が多くなく、メンテナンスなどでも手間のかからない点がメリットといえます。さらに、Rubyに関するネット記事や参考書も豊富なため、学習教材には困らないでしょう。
一方、PHPなどに対して、フレームワーク特有の書き方を身につけることに少々時間を要するかもしれません。さらに実行速度が少し遅いこともデメリットです。

Python

4つめは「Python」です。PythonはWeb系以外の目的でも対応できるメジャーな言語であり、コードもシンプルなため読みやすく取り組みやすいでしょう。Pythonの採用事例は多く、DropboxやInstagramが代表的な例です。
一方Pythonはシンプルですが書き方が少し特殊なため、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。また、日本でのPythonユーザーは多くないため、日本語の情報もあまり多くはありません。

Perl

最後に「Perl」です。Perlはインタプリタ型スクリプト言語の割には実行速度が速めで、テキスト処理能力も優れています。
一方、近年では新規の開発案件にてPerlが採用されることは少なくなっているようです。しかし、Perlの歴史は長く多くの制作物が存在しているため、新たに学習する価値は充分にあるでしょう。

また、これらの言語のほかにWeb開発の基礎となる技術(言語)があります。それはHTML、CSS、JavaScriptです。これらがなければWebページは成立しなくなってしまうので、重要視されています。Webサイト内の画像や動画、デザイン構成などに使われており、Web系の開発には習得が必須なので、把握しておくようにしてください。

プログラミング言語習得までに必要な期間は?

Web系の仕事に必要な知識やプログラミング言語を習得するには、どのくらいの時間が必要なのでしょうか。もちろん言語や個人によって異なりますが、プログラミング基礎力の習得には200~250時間が必要だといわれています。そのため、毎日学習時間をとれる場合と、週に数回しか学習時間がとれない場合では、習得期間も異なるでしょう。

プログラミングを効率よく習得するには、プログラミング学習を習慣化させることが重要です。つまり毎日2~3時間でも学習時間を確保できれば、数か月~半年ほどでプログラミングの習得が期待できます。サラリーマンの隙間時間は、平均2.5時間ほどのようです。毎日の通勤時間や休憩時間を有効活用していくことで、効率よくプログラミングをマスターできるのではないでしょうか。

プログラミング言語習得方法

プログラミングの学習方法は多く存在します。そのため、自分に合った学習方法を見つけることで、より効率よくプログラミングをマスターできるでしょう。そこで、プログラミングの学習方法を3つ紹介します。

まず「プログラミング勉強サイトの動画」の利用です。動画での説明のため、理解できなかった部分は何度も再生でき、初心者が言語の全体像をつかむには適した方法だといえます。

続いて「プログラミング学習書籍」の利用です。近年プログラミングを学習する人の増加により、学習者のレベルに合わせた書籍が多く出版されています。初心者は、初心者向け書籍と動画学習を並行するなどして取り組んでみましょう。

最後に「ネットのプログラミングスクール」の利用です。独学に自信がない人には、プログラミングスクールをおすすめします。上2つに比べれば高額になりますが、プロ講師が教えてくれるので実力が身につきやすいでしょう。さらに、近年ではオンラインで受講できるスクールも増えてきているので、自宅で受講することも可能です。独学で挫折しそうになった時に受講するのもよいかもしれません。

 

今回はWEB系の仕事で必要な言語の種類と習得期間、習得方法について解説しました。Web系に強いプログラミングを習得することで、仕事の幅が大きく広がります。そのためには自分にとって必要な言語は何かを確認し、日々のプログラミング学習時間の確保と、自分に合った学習法を見つけることが大切です。プログラミング学習を実践してWeb開発の分野で活躍できる能力を身につけてください。

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
当サイトの運営者について
28歳男性、地方でサラリーマンとして勤務しています。自分はまだ未婚ですが、現在の自分の仕事に疑問をいだき、給料面・働き方の面・やりがいの面から今の仕事を続けていいのか悩んでいました。

今後の自分の身の振り方を考えた際に、どこでも活躍できるスキルを身に着けたいと思いプログラミングを学ぼうと決心しました。

プログラミングは未経験ながら、しっかり学んでエンジニアへ転職し生涯給料アップを目指して頑張っています。

今回は数あるプログラミングスクールを選ぶ中で得た情報をみなさんにも共有することで役立ててほしいという思いで当サイトを作成しました。自分と同じような悩みを抱えている方は是非参考にしてみてください!