【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

Python入門!初心者の方向けPythonガイド

公開日:2021/04/01


Pythonは、汎用性の広いプログラミング言語として知られています。AI技術やビッグデータなどにも活用され、Webのシステム構築にも利用されるケースがあるようです。そして、副業や転職、新たなスキル獲得としても認識されています。そこで、初心者がおさえるべき基礎知識と学習の始め方について解説していきましょう。興味のある人は参考にしてください。

Pythonについての基礎知識

Pythonの基礎知識として知っておくべきことは、基礎文法とできることに関することでしょう。Pythonで可能なのは、変数、条件分岐、繰り返し処理、関数、クラスの5つです。これらを理解できれば、Pythonはおよそ習得できたといえるでしょう。今回は、この基礎文法5つを解説していきます。

Pythonでできることについて

Pythonでできることは多くあり、汎用性が高いプログラミング言語としてさまざまなシーンで利用されています。まずは、人工知能に関連する技術として、画像認識や自然言語処理、音声認識などが該当するでしょう。ディープラーニングなどの機械学習や統計解析も可能です。
また、WebアプリケーションやWebサービスの開発、デスクトップアプリの開発なども挙げられます。他にもゲーム開発やロボット制御、ネットーワークの構築、サイバーセキュリティのプログラミングも可能です。開発したいものが含まれている場合は、Pythonを学びたいと思う気持ちが強くなるのではないでしょうか。

Pythonの基礎文法

まず、基礎文法である変数について解説します。変数とは、繰り返し使用したり後から参照したりしたい数値や文字列を格納する場合に使用される、箱のようなものです。Pythonでは、最初に変数を定義することによってプログラムできます。たとえば、消費税を計算したい時に1.10を都度乗じていると、ケアレスミスの原因になりかねません。そこで変数のtax=1.10を使うと「taxをかける」という計算式を作ることができ、ミスが起きにくくなります。

次に、条件分岐について解説しましょう。条件分岐とは、主にif文のことを指します。if文というのは「もし○○なら××をして、そうでなければ□□をする」といった、プログラム内部で保持している何らかの情報をもとに、処理を分岐するために使われるものです。日常生活でいうと、「もし彼女がいればそのお店に行くが、もしいなければいかない」という簡単なものに置き換えられるでしょう。

次に、繰り返し処理について解説します。繰り返し処理は、決まった回数や条件を満たしている間は同じ処理を繰り返し行う場合に使うものです。Pythonでは、繰り返し処理を行うためにwhile文とfor文を利用します。

次に関数です。さまざまな処理が機能としてひとつにまとまっているものを、プログラミングでは関数といいます。プログラミングでは、関数を使って(呼び出すといいます)、関数が持っているさまざまな機能を使うのが一般的です。

classとは、Pythonでクラスを定義する際のキーワード(予約語)を指します。Pythonでは、classキーワードを使って独自のクラスを定義可能です。作成したいプログラムに適したデータ構造を作ったり、既存のクラスを継承して機能を追加したりしたいときに用います。

Pythonプログラミングの始め方

Pythonを学ぶ上で、環境構築は欠かせません。手元のPCにPythonが動く環境を作りたいのであれば、Pythonをインストールして開発環境(テキストエディタ)をインストールしましょう。

Windowsの場合は、VisualStudioCodeをおすすめします。Macの場合は、Atomという開発環境をインストールするとよいでしょう。

簡単にブラウザでPythonのプログラミングをしたいのであれば、ブラウザのツールとしてGoogleColaboratoryを利用するのもおすすめです。こちらのデバイスを使用する場合は、環境構築は必要ありません。

Pythonプログラミングを学ぶ上での注意点

Pythonを学ぶ上でおさえておいてほしいのは、初心者は書籍を購入しないことです。プログラミングに関する書籍を取り扱っている店舗では、Pythonの書籍がたくさん販売されています。初心者はこのような書籍を購入して勉強しようと思いがちですが、避けた方が無難でしょう。まずは作業をする、つまりコードを書く作業に慣れることを心がけましょう。

そこから徐々に学ぶ姿勢を作るようにしてください。勉強開始の時点ですぐに理解できなくても問題ありません。問題解決の方法すらわからない問題に直面することもあるでしょう。しかし、ひとつひとつ作業に慣れていくことよって、Pythonを習得できる可能性があります。地道に勉強して知識を得ていくことが苦手な人もいますから、独学が向いていないと感じる人はプログラミングスクールへ通うとよいでしょう。

 

Pythonの基礎知識を踏まえた上で、Pythonを本格的に学ぼうという意欲が湧いてきた人も多いのではないでしょうか。Pythonを習得したいと考えている人は、自分なりに学習計画を立てて、習得するためのステップを踏むとよいでしょう。今回紹介した5つの基礎文法は、基礎だからこそ、身につけることで応用できる知識がたくさんあります。体系的に学ぶのは難しいため、独学だけではなく、プログラミングスクールも検討してみてください。

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事