【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

Pythonで稼ぐ!初心者向けに副業を紹介

公開日:2021/04/01


Pythonは将来性があり、これからより需要が高まるといわれているプログラミング言語です。さらに、習得できるまで時間が年単位でかかるケースは少ないため、学んだことをすぐ応用できるとされています。Pythonの習得に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事ではその応用方法として、Pythonの副業で稼ぐ方法を紹介しましょう。

Pythonを使用した主な副業案件

稼ぎ方次第では、副業で数十万円以上稼ぐことも可能です。

まず、Pythonの特徴として、AI開発ができるということが挙げられます。ベンチャー企業が主に出しているAIのPythonエンジニアの案件や求人などを探してみましょう。週稼働日数は2日で、想定稼働時間は64時間と仮定すると、上限は30万円程という見込みです。

また、医療サービスを作るエンジニア募集の案件や大企業向けの立ち上げ支援のためのエンジニアなど、さまざまな案件にPythonは使用されています。しかも、求人の中には最大でも週3日稼働、上限80万円のものもあるようです。それだけ、Pythonのエンジニアは需要があるといえるでしょう。

Pythonの副業案件をゲットする方法

初心者がPythonの副業案件をゲットするには、4つの方法があるといわれています。

まず、フリーランスエージェントを利用するということです。これを利用することで、個人では成約が難しい大手企業や高額案件を紹介してもらうことができます。また、フリーランスエンジニアなどは、契約のことや税金のことなどを考えなくてはなりません。しかし、エージェントによるサポートが受けられるので、安心して副業に取り組めるのではないでしょうか。さらに在宅案件、週2日案件など、要望を伝えることで自分に合った働き方を実現できます。

2つめには、クラウドソーシングサービスを利用することが挙げられます。この場合、ほとんどがフルリモートでの案件となっているようです。働く時間帯や場所を自由に選択できるため、平日の夕方以降や休日の時間を活用して副業するとよいでしょう。しかし、クラウドソーシングサービスでは単価の低い案件が多く、プラットフォームを使うための手数料も必要になります。収入となる金額を確認した上で、案件を受注するようにしましょう。

3つめは、SNSを利用することです。スタートアップ企業は、CEOやCTOが自らのSNSアカウントで、求人を出していることもあります。その場合、即日もしくは数日で案件獲得が決まるというケースもあるようです。また、仲介サービスを必要としないため、直接報酬が自分のもとへ入る仕組みになっています。しかし、SNSでは匿名が使われている、実際の本人像がわからないケースもあるため、悪徳な依頼者が存在することも事実です。

あとは、友人から案件を受託するという方法です。プログラミングスクールに通っていた人は、そこで出会ったメンターや友人を介すると、案件が見つかることがあります。

4つのポイントを説明しましたが、どれかひとつを行うのではなく、複数の受注方法を並行して試すとよいでしょう。たとえばSNSで案件を探しながら、クラウドソーシングサービスを使って仕事を受注するようにしてください。時間の使い方なども個人差があるため、自分にとって適した方法で、案件を受注していきましょう。

Pythonの副業で稼ぐために必要なスキル

Pythonを学んだからといっても、他にも必要なスキルがあります。Pythonで案件を受注するとなると、Web開発やWebサイトからの情報収集、ツールの作成など、案件内容は多岐にわたるのです。そこで、副業に必要なスキルを紹介します。

最初に紹介するのは、Web制作の基礎で、Pythonを学んだだけでは知識が不足することがあるようです。そこで、HTMLやCSS、JavaScriptといったホームページの基礎的なスキルを身につけておきましょう。そこからPythonを応用でき、案件受注につながります。Web全体の仕組みを理解できれば、Python以外の副業にもチャレンジできるため、Web制作の知識をあらかじめ習得するとよいでしょう。

次に紹介するのは、スクレイピングという技術です。これは情報収集スキルで、依頼内容ごとに情報を取得するサイトを切り替え、データのまとめ方を修正するだけでよいことが多いとされています。フルリモートで案件を行いたいのであれば、このスキルは覚えておいて損はないでしょう。

最後に、WebAPIについて解説します。小規模のツールを開発する時、各種サービスから提供されているAPIをどれだけ使いこなせるかが重要なポイントになるでしょう。とくにYouTubeやLINEなど、大手SNSが提供しているAPIを使うことができれば、ツール作成技術は需要が高いといえます。Pythonのスキルを組み合わせることで、1から自分で実装するには難しすぎる処理も簡単に行えるため、勉強することを検討してください。

 

Pythonの副業で稼ぐ方法はたくさんあり、案件を受注できる可能性はあります。Pythonを利用した副業を通して、自分の副収入を増やすということもよいですが、転職や独立も視野に入れる人もいるのではないのでしょうか。この副業をもとに、自分の今後の働き方について考えてみてください。

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
当サイトの運営者について
28歳男性、地方でサラリーマンとして勤務しています。自分はまだ未婚ですが、現在の自分の仕事に疑問をいだき、給料面・働き方の面・やりがいの面から今の仕事を続けていいのか悩んでいました。

今後の自分の身の振り方を考えた際に、どこでも活躍できるスキルを身に着けたいと思いプログラミングを学ぼうと決心しました。

プログラミングは未経験ながら、しっかり学んでエンジニアへ転職し生涯給料アップを目指して頑張っています。

今回は数あるプログラミングスクールを選ぶ中で得た情報をみなさんにも共有することで役立ててほしいという思いで当サイトを作成しました。自分と同じような悩みを抱えている方は是非参考にしてみてください!