【徹底比較】おすすめのオンラインプログラミングスクールをランキング形式で紹介!評判や口コミもチェックして自分に合ったスクールを選ぼう♪

アプリ系の仕事で必要な言語の習得期間

公開日:2021/04/15


人はスマートフォン内のさまざまなアプリを使用することで、便利に生活しています。一言でアプリといってもさまざまなジャンルに分けられますが、これらのアプリに共通していることは、プログラミングによって作成されているということです。今回はアプリ系の仕事で役立つ言語の種類や、習得期間、学習方法について解説していきます!

アプリ開発に適している言語は?

一言でプログラミングといってもさまざまなプログラミング言語が存在し、それぞれに適した分野があります。つまり、アプリ系の仕事に就きたいと考えている人は、アプリ系に強い言語をマスターする必要があるのです。今回は、アプリ系の仕事で役立つプログラミング言語である「Swift」「Java」「Ruby」の3つについて解説しましょう。

まずひとつめは「Swift」です。プログラミング言語Swiftは、Apple社が開発した言語です。そのため、iPhoneなどのApple製品のアプリを作りたいと考えている人は、Swiftの習得をおすすめします。Swiftは2014年にリリースされたためほかの言語に比べて初心者が多く、いち早くマスターすればほかのエンジニアとの差を付けられるかもしれません。

2つめは「Java」です。JavaはSwiftと異なり長く利用されてきたプログラミング言語で、ゲームやシステム開発などさまざまな分野での採用実績があります。Javaを使用することによって、Androidアプリの開発を行えるのです。さまざまな分野で使われていることもあり、インターネット上での解説記事や参考書も豊富であるため、学習教材には困らないでしょう。他分野への応用がききやすい言語のため、学習する価値は高いのではないでしょうか。

最後に「Ruby」です。Rubyは日本生まれのプログラミング言語であり、RubyonRailsというライブラリによってWebアプリを作成できます。実際に人気料理アプリの「クックパッド」や動画配信アプリの「Hulu」などは、Rubyを用いて製作されているようです。基本的にコード量が多くないため、定期的なメンテナンスなどでは非常に扱いやすい言語だといえます。

ひとつのプログラミング言語習得にかかる期間

では先ほど解説したプログラミング言語を習得するには、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。一概に習得期間をいうのは難しく、学習する言語や学習者の前提知識などによって異なりますが、一般的には1000時間でひとつの言語をマスターできるといわれているようです。しかし、毎日一定程度の学習時間をとれる人と週数回しかが学習時間をとれない人とでは定着の度合いも変わってくるかもしれません。そのため、毎日学習を継続して着実に身につけていくべきではないでしょうか。

また、プログラミングの世界は最先端技術であり、次々に業界や使用される言語などが変化しています。プログラミング言語をすべてマスターすることは難しいでしょう。そのため、自分が学習するべき内容と、その目的とそのための手段を明確に自分の中で考えることが重要です。

効率的に言語学習を進めていくためには?

アプリ系の仕事で役立つプログラミング言語の習得は簡単なものではありませんが、自分に合った学習方法を見つけることで着実に力はついてきます。ここでは、効率的にプログラミング言語を習得するためにはどうすべきなのか、4つのステップに分けて解説しましょう。

ひとつめのステップは「プログラミングの基礎を固める」ことです。初心者はプログラミングが何なのか知らないですよね。プログラミング言語をマスターすることで何ができるのか、あらかじめ知っておくことで全体のイメージがつきやすくなるのではないでしょうか。プログラミングは「慣れ」も大きく影響してくるので、とりあえず簡単な構文を書いてみることをおすすめします。

2つめのステップは「一般的なアプリ開発を理解する」ことです。実際にどのような構文を用いてアプリが作られているのか理解しましょう。基本的に、開発者が作った機能を利用できるフレームワークというものが提供されているため、動画などを利用してどのように作成されているのか学習してみてください。

3つめのステップは「実際にアプリ開発をしてみる」ことです。一般的にどのように作られているか理解したら、簡単なものでよいのでアプリを作ってみましょう。書籍やWebサイトなどを参考にしながら作ってみてください。実際に動かしてみることで実行エラーなどへの対応力も身につき、プログラミング言語の習得に近づくでしょう。

4つめのステップは「調べながら応用する」ことです。実際にアプリを作ってみたら、自分が欲しい機能などを考えて実装してみてください。書籍やインターネットで調べたり、プログラミングが得意な人に聞いたりすることで、より言語習得に近づきます。プログラミングは自由度が高く、さまざまな命令に従ってくれるため、自分の目指すアプリを作成できるでしょう。

 

今回はアプリ系の仕事で必要な言語の種類と習得期間、習得方法について解説しました。アプリ系の仕事で役立つプログラミング言語をマスターすることで、自分が欲しいと思っていたアプリを実際に開発できるようになります。自分の学習目的を考え、自分に合った学習方法を見つけることで、効率よくプログラミング言語をマスターできるので、アプリ開発に挑戦してみてください!

オンラインプログラミングスクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
商品名Aidemy Premium Plan(株式会社アイデミー)TECH CAMP(株式会社div)TECH ACADEMY(キラメックス株式会社)PyQ(株式会社ビープラウド)Code Camp(コードキャンプ株式会社)キカガク(株式会社キカガク)Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)progate(株式会社Progate)POTEPAN CAMP(株式会社ポテパン)侍エンジニア塾(株式会社侍)
特徴会員数日本最大のAI学習プラットフォームで学べる!テクノロジー主役の時代に成果を出せる人材を育成する短期集中プログラムが存在するオンラインスクール未経験でもPythonの基礎を90日で理解できるプログラミング初心者が仕事や学業と両立しながら学ぶ4万5,000人以上に利用され、最高評価を獲得13万ものオンラインビデオコースから選択できる初心者でも独学で確かなスキルを身に付けられる実践的な課題で確実に正しいスキルを身につける日本初!マンツーマン専門のプログラミングスクール
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
当サイトの運営者について
28歳男性、地方でサラリーマンとして勤務しています。自分はまだ未婚ですが、現在の自分の仕事に疑問をいだき、給料面・働き方の面・やりがいの面から今の仕事を続けていいのか悩んでいました。

今後の自分の身の振り方を考えた際に、どこでも活躍できるスキルを身に着けたいと思いプログラミングを学ぼうと決心しました。

プログラミングは未経験ながら、しっかり学んでエンジニアへ転職し生涯給料アップを目指して頑張っています。

今回は数あるプログラミングスクールを選ぶ中で得た情報をみなさんにも共有することで役立ててほしいという思いで当サイトを作成しました。自分と同じような悩みを抱えている方は是非参考にしてみてください!